ハシモト タカオ   HASHIMOTO Takao
  橋本 隆雄
   所属   理工学部 理工学科(工学研究科 建設工学専攻(修士課程),応用システム工学専攻(博士課程))
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2016/05
形態種別 学術雑誌
査読 査読あり
標題 推進工法による液状化対策地下水位低下工法の実験検証
執筆形態 共著
掲載誌名 土木学会論文集A1(構造・地震工学)
掲載区分国内
出版社・発行元 土木学会
巻・号・頁 35(Vol.72,No.4),I_434-I_447頁
著者・共著者 橋本隆雄,清水 敏孝,森口 剛
概要 千葉市美浜区では,2011年東北地方太平洋沖地震により液状化が発生し,甚大な宅地被害を受けた。しかし,開削工法による暗渠の地下水位低下工法は,潮来市・神栖市の現場施工において開削に伴う地盤変状等の問題が生じている。そこで,道路下に推進工法による透水性パイプを設置する新たな地下水位低下工法を開発し,磯辺4丁目中磯辺公園で実験・解析を行い,開削工法と同様な効果があることが明らかとなった。