クニヒロ ジョージ タケヒコ   KUNIHIRO JOJI Takehiko
  国広 ジョージ 健彦
   所属   理工学部 理工学科(工学研究科 建設工学専攻(修士課程),応用システム工学専攻(博士課程))
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2007/08
形態種別 学術雑誌
標題 原風景としての樹木が持つ力と空間性に関する研究 : 想起された樹木の様態を通して
執筆形態 共著
掲載誌名 学術講演梗概集
出版社・発行元 社団法人日本建築学会
巻・号・頁 D-1, 環境工学I, 室内音響・音環境, 騒音・固体音, 環境振動, 光・色, 給排水・水環境, 都市設備・環境管理, 環境心理生理, 環境設計, 電磁環境 2007,31-32頁
著者・共著者 ◎川原一意、荻野穂高、仙田満、国広ジョージ
概要 樹木と人間の間には不透明な関係性がある。一例として人間の原風景には、多くこの現象が見られる。本論文では、特にアフォーダンス、プロクセミックスの概念に基づき、樹木と人間との間に類似した関係性があるという仮説を検証した。