国士舘大学 教員情報   
   TOPページ   


    (最終更新日:2016-09-09 16:15:06)
  タナカ ヒデハル
  田中 秀治
体育学部 スポーツ医科学科(救急システム研究科 救急救命システム専攻(修士課程),救急救命システム専攻(博士課程))   教授
■ 現在の専門分野
移殖外科学, 熱傷学, 病院前救急医学, プレホスピタル教育学, 外傷学, 蘇生学 (キーワード:医学、救急医学、蘇生学、外傷学、プレホスピタル救急医学、医学教育学) 
■ ホームページ
   Heart Saver Japan
   一般財団法人救護救急財団
   国士館大学から提案する命の教育
   国士館大学大学院救急システム研究科
   国士館大学防災救急救助総合研究所
■ 学歴
1. 1983/04~1987/03 杏林大学院 医学研究科 医学博士
2.
(学位取得)
杏林大学医学部 医学士
■ 職歴
1. 1983~1990 杏林大学 医学部 助手
2. 1990/01~1991/09 イリノイ大学 医学部外科学教室 Post doctol fellow(研究員)
3. 1991~1999 杏林大学 医学部 講師
4. 1995 ベルゲン大学 生理学教室 非常勤講師
5. 1999~2001 杏林大学医学部救急医学 助教授・准教授
全件表示(10件)
■ 受賞学術賞
1. 1995 Emergency Medicine Aword/Society of Critical Care Medicine
2. 2013 Asian EMS Council / Lifelong EMS Award
3. 2014/01 AHA / International collaboration group Award
■ 所属学会
1. 日本集中治療医学会
2. ∟ 評議員
3. 1983/05~ 日本救急医学会
4. 1992~ 脳死脳蘇生学会
5. 1998~ 日本臨床救急医学会
全件表示(20件)
■ 著書・論文歴
1. 論文  Favourable Neurological Outcomes Associated with Early Epinephrine Administration within 19 minutes after EMS call for Out-of-Hospital Cardiac Arrest (共著) 2016/07
2. 論文  Report on the Criteria for the Determination of Brain Death in Children (共著) 
3. 論文  Comparison of Emergency Medical Services Systems Across Pan-Asian Countries: A Web-based Survey. (共著) 2012/08
4. 論文  Pan-Asian Resuscitation Outcomes Study (PAROS): rationale, methodology, and implementation (共著) 2011/08
5. 論文  Clinical effects of micafungin, a novel echinocandin antifungal agent, on systemic fungal infections in surgery, emergency, and intensive-care medicine: evaluation using the AKOTT algorithm. (共著) 2009
全件表示(350件)
1. ウツタイン様式統計
2. ファーストレスポンダーの育成
3. プレホスピタル外傷データ統計
4. マスギャザリングイベントにおける救護体制の開発
5. 学校でのCPR教育の開発
6. 救急隊・救急救命士教育の開発
7. 病院前救急医療用機材の開発
■ メールアドレス